令和元年5月22日(水)

諸役は一首ごとのくじ形式
(*は入れ札の得票数)

兼題「春風来海上」
さつきのすゑに春風海上に来たるといふことをよめるうた

①(甲調、講師 林 純一、発声 天之原詩恩)兼築信行 ***
ひむがしの うなさかこえて ふきよする かぜに銚子の むめはひらけぬ

②(甲調、講師 岸志津佳、発声 加藤晴乃)佐藤 灯 **
海原の 彼方の人の 息づかひ あらたな縁 春風に結ぶ

③(甲調、講師 御手洗靖大、発声 高橋英子)黒田宣子 *
わたの底 をきに吹き立つ 春風を 帆にはらませて 船は進みぬ

④(乙調、講師 天之原詩恩、発声 加藤晴乃)御手洗靖大
沖つ波 立つ春の風 吹きそむと さと人にだに 誰や告げけむ

⑤(甲調、講師 天之原詩恩、発声 大原 稔)田上富美子 *
海よりの 春風雲を はこびきて 頬にぽつりと めぐみのしづく

⑥(甲調、講師 田上富美子、発声 高橋英子)高橋英子 *****(第二席)
海渡る 春風受けて 日のみ旗 たかくはためく あらたしき御代

⑦(乙調、講師 田上富美子、発声 岸志津佳)加藤晴乃 *
我が恋よ うなさか越えて 春の風 礒に吹き寄す 沖のおほ船

⑧(甲調、講師 田上富美子、発声 林 純一)岸志津佳
波の碧に 白帆が映える 由比ヶ浜 頬にうける 春風うれし

⑨(甲調、講師 岸志津佳、発声 井沢真紀)シェーン・ハリス *
春の日に 昼寝する猫 鹿島なる おきすの宮に 海の風吹く

⑩(甲調、講師 御手洗靖大、発声 加藤晴乃)三宅やよい *
はるかぜに 帆をはためかす 日本丸 大海原の 記憶はるかに

⑪(乙調、講師 御手洗靖大、発声 高橋英子)菅原秀太 ***
袖さえて つれなき人を まつ嶋の 海よいつしか 春の風ふけ

⑫(甲調、講師 井沢真紀、発声 シェーン・ハリス)宮廣美 *
ゆく春の 風に水面の 波ゆれて ゆれてもつれて 白き蝶とぶ

⑬(甲調、講師 大原 稔、発声 高橋英子)井沢真紀 ***
はるの風 雲を棚引き 虹が立つ 天女の住まふ 淡海の海に

⑭(甲調、講師 田上富美子、発声 大原 稔)笠原雄二 ****(第三席)
裾野には 春来にけらし 聳えたつ 白富士映す 海ゆ風吹く

⑮(乙調、講師 高橋英子、発声 加藤晴乃)吉野清美 *
川の上 追ひ風受けて 復興の 掛け声響く 孫兵衛の船

⑯(甲調、講師 天之原詩恩、発声 御手洗靖大)天之原詩恩 *******(第一席)
常世より 春風招く 海の道 旭は日ごと 新たなりけり

⑰(甲調、講師 岸志津佳、発声 林 純一)林 純一 ***
四つの海 百(もも)の河水 すむ世をや ひかりあまねき 春の風ふく

⑱(甲調、講師 御手洗靖大、発声 大原 稔)大原 稔
花おそき 外国(とつくに)さして 飛ぶ舟や 雲海の上 ジェットストリーム

⑲(甲調、講師 井沢真紀、発声 大原 稔)青柳隆志 *****(第二席)
わだつみの 東の方(かた)より 吹く風は 御代あらたまる 春を告げたり